インスタのインサイトを設定する方法は?

インサイトはインスタの個人アカウントをプロアカウントに切り替えることで利用できる分析機能です。

インスタのインサイトを設定する時に、ビジネスかクリエイターの選択が求められます。ビジネスとクリエイターにはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは以下の項目についてご紹介します。

インスタ インサイトを使うための設定方法

インスタのインサイトを使うために必要な設定は、個人アカウントをプロアカウントに切り替えることです。Instagramアプリにログインするとインサイトが見れるようになります。

プロアカウントに切り替えると、インスタ内でインサイトの他に次のようなこともできるようになります。

▪プロフィール画面に企業(店舗)の連絡先などを表示できる。
▪お気に入りの投稿を広告として出すことができる。
▪ショッピング機能のShop Nowを使って商品販売を促進できる。

それではインスタのインサイトを利用するためにプロアカウントに切り替える方法についてご紹介します。

①まずはプロフィール画面を表示させましょう。プロフィール画面の右上にあるメニューボタンをタップして開きます。
②[設定]→[アカウント]の順にタップします。
③画面下部にある青色の[プロアカウントに切り替える]をタップします。
④クリエイターかビジネスのどちらかを選び[次へ]をタップします。

これで個人のアカウントをプロアカウントに切り替えることができます。

インスタ インサイトの設定!ビジネスとクリエイターの違いは?

インスタのインサイトを設定する時に求められるビジネスとクリエイターの違いとは?

どちらを選択した場合でも、インスタのインサイトを利用することができます。どちらを選ぶかでインサイトの表示方法が若干異なる、ダイレクトメールのフォルダの数が違うなどいくつかの違いがあります。それでは選び方をご紹介します。

ビジネスの選択をおすすめする人

▪小売店
▪ローカルビジネス
▪ブランド
▪組織
▪サービスプロバイダー など

クリエイターの選択をおすすめする人

▪公人または著名人
▪コンテンツプロデューサー
▪アーティスト
▪インフルエンサー
▪フリーランスのデザイナー など

また、どちらを選んだかにより、インスタを利用する上で少し違いがあります。

ビジネスとクリエイターの違い

▪インサイトに違いがある。
違いがあるといっても表示方法に若干の違いがあるだけです。インスタのインサイトの機能を使う上で特に違いはありません。

▪カテゴリラベルと企業の連絡先の表示に違いがある。
ビジネスを選択すると、カテゴリラベルや企業の連絡先を非公開にできなくなります。そのため他のユーザーは企業アカウントであることが分かります。
一方、クリエイターを選択するとカテゴリラベルや連絡先を非公開にすることができます。非公開にすれば表向きは個人アカウントとして利用することも可能です。

▪ダイレクトメールのフォルダの数に違いがある。

ビジネスを選択するとダイレクトメールのフォルダは1つです。クリエイターを選択した場合は、フォルダが2つになります。
これによりフォルダをビジネスとプライベートとで使い分けることができます。

インスタ インサイトの設定ができたら実際に使ってみよう!

インスタのインサイトの設定であるプロアカウントへの切り替えが完了したら、実際にインサイトを使ってみましょう。
インスタのインサイトの各データの見方とデータ分析をビジネスに活用させる方法についてご紹介します。

インサイト各データの見方

インスタのインサイトの見方は大きく3つあります。それぞれの見方と見れるデータについてご紹介します。

アカウント全般に対するユーザーの反応を見る

プロフィール画面に表示されている[インサイト]のボタンをタップしましょう。するとインサイトの画面に切り替わります。
コンテンツ・アクティビティ・オーディエンスのタブが表示され、それぞれに見れるデータが異なります。

【コンテンツ】
コンテンツでは、フィード投稿やストーリーズ投稿に対するユーザーからの反応をデータとして見ることができます。
閲覧された回数順に投稿が表示されます。いいね!やコメントの数など条件を変えてフィルタにかけると、投稿を並び替えることができます。

【アクティビティ】
アクティビティでは、アカウントのプロフィール画面へのアクセス数などのデータを見ることができます。

【オーディエンス】
オーディエンスでは、フォロワーの増減や所在地、年齢層の構成、男女比などのデータを見ることができます。

特定のフィード投稿に対するユーザーの反応を見る

分析データが見たい投稿を1つ選んで表示させましょう。
投稿画面の左下にある[インサイトを見る]をタップします。上方向にスワイプすると投稿に対する詳細なデータを見ることができます。

特定のストーリーズ投稿に対するユーザーの反応を見る

分析したいストーリーズ投稿を選び表示させます。
画面を上方向にスワイプすると、視聴したアカウント一覧が表示されます。画面上部にあるグラフマークをタップすると、選択したストーリーズに関する詳細なデータを見ることができます。

データ分析の活用法

では次にインスタのインサイトで得たデータ分析を活用させる方法についてご紹介します。
次の流れを行うことで、自社の企業アカウントの投稿の改善に役立てることができます。

より詳細な分析方法は記事「実際の事例から学ぶInstagramにおける数値分析マニュアル」にて解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

①アカウントの現状について把握する。
インスタのインサイトで得たデータ分析を元に、自社アカウントの現状について分析しましょう。

▪フォロワー数が伸びていない。
▪イベント告知の投稿をした時は、ユーザーの反応が良かった。
▪こんな投稿をした時は、ユーザーの反応が悪かった。など

フォロワーが100人以上いる場合は、オーディエンスからフォロワーの情報について知ることができます。フォロワーの構成層について把握し、フォロワーに合った投稿をするようにしましょう。

②問題点を見つけ出す。
フォロワー数や投稿やストーリーズに対するユーザーの反応から、現在の問題点をあぶり出します。

▪ターゲットとする層のフォロワーが獲得できていない。
▪投稿は閲覧されているものの、いいね!やコメント、フォロワー獲得につながっていない。

このような様々な問題点を見つけることができると思います。

③問題点を改善するために何をすべきかについて考え、改善点を反映させた投稿を行う。
何がいけないのかを考え、どうすれば改善できるか考えましょう。

▪画像に魅力がない。
←加工アプリを使って、ユーザーにとって魅力的な画像を撮影しましょう。

▪平日の午後に投稿することが多いが反応が良くない。
←フォロワーが活発になる曜日や時間帯を狙って投稿してみよう。フォロワーが活発になる曜日や時間帯は、インスタインサイトのオーディエンスからデータを見ることができます。

④インスタのインサイトで分析し、改善点が活かされたか確認する。
改善点を反映した投稿を1週間ほど行い、インスタのインサイトでユーザーからの反応に違いがあったか確認しましょう。違いが見られない場合は、問題点が解決されていない・問題点が他にあることになります。

まとめ

インスタのインサイトの設定方法や実際の使い方についてご紹介しました。

インサイトの設定そのものは簡単に行うことができます。皆様も是非インスタのインサイトで得たデータを、問題点を見つけ改善策を考える上でお役立てみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

【お役立ち資料】

弊社が企業様のInstagram運用支援をさせていただく中で実際に使用している数値管理シートのご提供を開始いたしました。

数値管理シート内では、それぞれのインサイト数値の概要とチェックポイントを説明した上で、
「フォロワー・UGC推移」「フィード投稿インサイト」「ストーリーズ投稿インサイト」「フォロワーインサイト」
それぞれの数値が入力できるシートをご用意しており、ダウンロードした日から使っていただけるような内容になっております。

是非ダウンロードして日々の運用にお役立てください!

無料でダウンロードする