インスタの《プロアカウント》とは?クリエイターとビジネスの違いを解説

インスタのアカウントは、一般の方々が使用して楽しむだけでなく、多くの企業が《プロアカウント》として登録し、新しい集客や情報発信の方法として活用しています。《プロアカウント》と一言で表すことの多い企業の運用アカウントですが、プロアカウントには《ビジネス》《クリエイター》の2種類が存在します。

今回は、プロアカウントをご紹介しながら、より細かい《ビジネス》《クリエイター》についても解説していきます。新しく企業のアカウントを作成する際の、参考にしてみてください。

インスタのプロアカウント【ビジネス】【クリエイター】の違いを解説

インスタで登録できる《プロアカウント》。プロアカウントの種類である《ビジネス》《クリエイター》を種類別に解説していきます。

プロアカウント

「プロアカウント」とは、従来では《ビジネスプロフィール》と呼ばれていました。今は、企業が運用する《ビジネスアカウント》とクリエイター用の《クリエイターアカウント》がまとめられて、《プロアカウント》と呼ばれています。

ビジネス

「ビジネス」とは、ビジネス仕様のアカウントです。企業が多く登録しているアカウントはこの種類です。ビジネスアカウントに切り替えることで、企業の場所や電話などを常に表示することもでき、新しい集客の方法としても注目されています。
インサイトでどんなユーザーから注目されているのか確認できるだけでなく、広告も自分で作成し投稿することが可能です。
企業だけでなく、一般の小売り業者や販売など幅広い方々が登録可能です。

クリエイター

「クリエイター」とは、著名人や有名人などが多く登録しているクリエイターアカウントです。アーティストやデザイナー、政治家など、さらに幅広い方々が登録しています。
DMの受信箱が通常では1つですが、「メイン」と「一般」の2種類に設定することができ、仕事とプライベートを使い分けることができるのが、大きな特徴です。

ビジネスアカウント同様に、インサイトの確認も可能です。フォロワーの増減や様々なアクションを確認することができます。インフルエンサーも《クリエイターアカウント》に分類されます。ビジネスアカウントと比較しても多くの職業からの選択が可能です。

インスタのプロアカウント【ビジネス】【クリエイター】のメリットは?

プロアカウントの「ビジネス」と「クリエイター」では、どのようなメリットを得ることができるのでしょうか。企業や個人の仕事内容やアピールポイントを踏まえながら、どちらに該当するのか考えてみましょう。

ビジネスアカウント

ビジネスアカウントは、インスタ上で運用できることの幅がクリエイターよりも広いのが大きな特徴です。

《ボタン表示》は、「電話」「メール」「道順」「予約する」の4つのボタンを設置することができるため、ユーザーは予約までの手順をインスタで簡単に行うことができます。クリエイターでは、「電話」「メール」の2種類しか表示されません。

ショッピング機能という機能も、今現在ではビジネスアカウントでしかできない機能です。投稿した画像に販売サイトのリンクを貼ることが可能です。

クリエイターアカウント

ビジネスアカウント同様に、「インサイト」というユーザーのアクションを見ることのできる機能が使用できます。自分のアカウントにどれほどのユーザーが興味を持っているのか。自分の目で確認が可能です。

1番の特徴であるDMについては、仕事とプライベートを分けることができ、「受信箱」「未読」「フラグ済み」のフィルタリングを行うことが可能です。DMでの依頼だけでなく、プライベートのDMもしっかりと管理が可能です。

クリエイターの大きなメリットは、選択できる職業に幅があること。従来では、ビジネスアカウントの選択肢に選ばれていなかった職業も、クリエイターアカウントで選択することができるようになりました。

クリエイターアカウントでビジネスアカウントのように、仕事用のアカウントを運用できます。

インスタのプロアカウント【ビジネス】【クリエイター】のデメリットは?

ビジネスとクリエイターのプロアカウントにすることで、メリットは十分に得ることができますが、デメリットも同時に理解する必要があります。両者のデメリットを理解して、しっかりと安心してSNSを活用しましょう。

ビジネスアカウント

「ビジネスアカウント」のデメリットは、アカウントを非公開アカウントにすることができなくなることです。基本的には、企業が活用しているのはビジネスアカウントなので、直結する問題はないことが多いですが、もしも非公開にしたい可能性があるのであれば注意が必要です。

インスタと連結させているFacebookがある場合には、インスタグラムの投稿のシェアがFacebook側からのみになってしまうこともデメリットとして挙げられています。しかし、対応する方法があるので、大きな問題が生じしてしまう場合には対策をとりましょう。

クリエイターアカウント

「クリエイターアカウント」も、ビジネスアカウントと同様にアカウントを非公開にすることが不可能です。クリエイターアカウントの場合は、DMが仕事用とプライベート用で分けて使用することができるので、個人的な使用をしている方も多いでしょう。状況に応じて、非公開アカウントに変更することは不可能なので、注意しましょう。

クリエイターアカウントでは、「クリエイタースタジオ」というフォロワーの行動を見ることのできるサービスが存在しますが、インスタグラムのアプリで見ることのできるインサイトよりも詳細に見ることができます。
このクリエイタースタジオは、アプリから閲覧することはできず、ブラウザで開かれたインスタで閲覧する必要があります。

【ビジネス・クリエイター共通】アカウントをプロアカウントに変更する方法

基本的な知識なので、知っている方も多いかと思いますが、一般の方も使用している登録されたばかりの通常アカウントを《プロアカウント》に切り替える方法を解説していきます。

①プロフィール画面の右上【設定】を選択
自分のプロフィール画面を開き、《設定》を選択。

②《アカウント》から《プロアカウントに切り替える》を選択
《設定》から《アカウント》へ。《アカウント》の項目の1番下にある《プロアカウントに切り替える》を選択しましょう。
ここで、《ビジネス》《クリエイター》の種類が問われるので、該当する方を選択して、さらに設定や基本的な情報の入力へと進んでください。

インスタのプロアカウント【ビジネス・クリエイター(違いなし)】でできること

ビジネスアカウント・クリエイターアカウントでしかできない特別な機能を解説していきます。

インサイトの閲覧

インサイトの閲覧は、プロアカウントでのみ行えます。通常のアカウントでも大まかな投稿やストーリーなどのインサイトを見ることは可能ですが、さらに詳細な情報を得ることができます。
具体的には、フォロワーの増減やアクセスしているユーザーの数なども、細かく知ることができます。インサイトを分析して、情報発信の方法やフォロワーの獲得から企業の宣伝や利益に繋がるような戦略を練ってみましょう。

広告の作成

プロアカウントに切り替えることで、通常アカウントでは行うことのできない《宣伝》を行うことができます。投稿に【広告】を貼り付けたり、直接購入することのできる商品ページのURLなどを貼り付けることも可能です。
ビジネスアカウント・クリエイターアカウントで、広告の機能でもできる幅が異なりますが、商品紹介や情報発信に大切なのが広告です。

予約投稿

インスタで投稿する内容を事前に入力して、写真を選んでおくことで、希望の時間や日にちに投稿を予約することが可能です。投稿を予約することで、確実に時間になったら投稿が行われるので、仕事の効率化だけでなく宣伝のためにもおすすめの機能です。

電話・メール・道のボタンを設置することができる

ビジネスアカウントの場合は、「電話」「メール」「道順」「予約する」の4種類。クリエイターアカウントの場合は、「電話」「メール」のボタンを設置することが可能です。
設置するためには、情報を入力する必要がありますが、簡単に行うことできるので挑戦してみてください。プロアカウントでしか表示できないボタンがあると、一般のユーザーと直接コンタクトがとることができ、予約のいれやすさや商品の質問や意見の届きやすさなどがアップします。身近に企業やクリエイターを感じてもらうためにも、ぜひ使用してみてほしい機能性です。

まとめ

一般の通常アカウントと違って、プロアカウントはより細かな機能が使用でき、新しい情報発信や集客のために使用した方がよいSNSだと強く感じました。しかし、使用する前には必ず、SNSの特徴やできること・できないこと、メリット・デメリットを理解して、安心安全に使用しましょう。

よいビジネスを行うことのできるように、企業やクリエイターの方は、ぜひインスタグラムを正しく使って、多くのユーザーに情報発信してみてください。

【お役立ち資料】

「Instagram運用を開始したい」「今後よりInstagram運用を強化したい」と考えている企業様向けに、Instagram運用を行ううえでの必要事項チェックリストをリリースいたしました。

1.成果の試算
2.運用戦略概観の決定
3.投稿詳細の決定
4.効果測定の仕組みづくり
5.外部リソースの選定

5つの項目におけるポイントを解説しております。ぜひInstagram運用強化に際しご参照くださいませ!

無料でダウンロードする