企業がインスタを運用するメリットとは?運用方法やコツまで解説!

様々な企業がインスタを取り入れている近年、インスタ運用がビジネスに直結することを多くの人が感じ始めているのではないでしょうか?もちろん、インスタの運用はビジネスに繋がりますが、しっかりとした運用方法や明確なメリットを抑えておく必要があります。

そこで今回は、企業がインスタを運用するメリットを解説していきます。もちろん、運用方法やコツまで解説していきますのでぜひ参考にしてください。

インスタを企業アカウントで運用する方法

インスタを企業アカウントで運用するには、ただインスタのアカウントを開設するだけでは意味がありません。下記の方法で企業アカウントに切り替えましょう。

①インスタのアプリをダウンロードする
スマートフォンから企業アカウントを開設する場合は、インスタのアプリをダウンロードしましょう。パソコンの場合は、ブラウザからインスタを検索することで、インスタの登録画面へ進めます。

②インスタのアカウントを登録する
インスタのアプリをダウンロードしたら、個人アカウントの登録を行います。登録の際は、Facebookのアカウントに繋げるか、電話番号又はメールアドレスで登録することが可能です。どちらか選択して登録したら、名前とパスワードを設定しましょう。その後ユーザーネームを設定します。
名前は基本的に企業名やブランド名にすることをおすすめします。ユーザーネームも、わかりやすくてイメージしやすいものにしておきましょう。

③プロフィールを設定する
プロフィールでは、プロフィール写真やウェブサイト、自己紹介などを記入することができます。企業やブランドの公式アカウントであることを、アピールするためにもしっかりと記入しておきましょう。

④アカウント画面の右上をタップして設定を開く
3までの手順で個人アカウントの開設が完了しました。そして企業アカウントに切り替える際は、まずアカウント画面を開き右上をタップして設定を開きましょう。

⑤アカウントをタップする
設定を開いたら、アカウントをタップしましょう。

⑥一番下にある「プロアカウントに切り替える」をタップ
アカウントをタップすると、一番下に「プロアカウントに切り替えるがありますので、それをタップしましょう。企業アカウントに切り替えるための説明が出てきますので、内容を読んで次へを押していきましょう。

⑦カテゴリを選択
途中でカテゴリを選択することができます。カテゴリは企業アカウントに一番当てはまるものを選択しましょう。

⑧企業アカウント開設完了

この手順で進めることで、企業アカウントの開設が完了します。企業アカウントを作成したい場合はこの手順で登録してみてください!

企業がインスタを運用するメリットとは?

それでは、企業がインスタを運用するメリットを見ていきましょう。

企業の認知拡大に繋がる

インスタは若い世代を中心に、多くの人に利用されているSNSです。そのため、企業がインスタを運用することは、認知拡大に大きな効果があります。
それだけでなく、近年ではインスタを検索ツールとして利用する人も増えつつあります。そのため、これまでは何となくで見ていた投稿を、検索エンジンでの検索時と同じように意図的かつ積極的に見るようになります。このような利用方法の変化から、より一層の認知拡大に繋がります。
特に始めたばかりの企業や認知拡大を目指そうとしている企業には、これは最大のメリットではないでしょうか。

ユーザーとの接点が増える

企業がインスタを運用することで、ユーザーとの接点が増えます。例えば、企業アカウントのDMを開放しておくことで、直接的にユーザーと関わることができます。DMなどでも交流を持つことで、ユーザーから親しみやすいと感じてもらえます。
もちろんインスタ以外のSNSでも接点は増えますが、近年ではインスタのみ利用している人も少なくありません。特に若い世代をターゲットとしている企業は、インスタの方が狙ったターゲットとの接点も持てますのでおすすめです。

ユーザーの好みなどを知ることができる

インスタのストーリではアンケート機能が備わっています。この機能を使う事によって、新商品を企画する際にフォロワーに、色や見た目・デザインはどんなものがいいのかなどの好みに関するアンケートを取ることができます。ユーザーの好みに合った商品などを作ることができれば、ビジネスとしてもより結果を出すことができます。
また、コメント機能などもあるため、ユーザーの生の声を知ることができます。企業として聞きたいことや気になることなどを直接聞くことができますので、ビジネスに活かすことができます。

新たな顧客獲得

インスタを企業が運用することで新たな顧客獲得に繋がります。ただ企業アカウントを作成して、投稿していくだけではその可能性が低いですが、ハッシュタグなどをうまく活用することで、ターゲットとしていた年代層以外も獲得できます。

インスタの企業アカウントをうまく運用できないことで悩みも

インスタの企業アカウントを運用することは、多くのメリットがあることがわかりましたが、うまく運用できないことで悩みも出てきます。具体的には、フォロワーについてや投稿に関する悩みが多く挙がります。

フォロワーに関しては、なかなかフォロワーが増えず集客に繋げられないケースがあります。また、フォロワーが増えないことから、マーケティングにも活かせないケースも少なくありません。
悩みはフォロワーについてだけでなく、投稿に関しても多くあります。例えば、どのような投稿が評価されるのかや、どのようなキャンペーンをしたらいいか分からないなど様々です。またSNSでは、炎上してしまうこともあるため、安易に投稿できないことも悩みに繋がっているようです。

企業がインスタを運用するコツ

上記でも紹介したように、悩みも多くあるインスタの運用ですが、これから紹介するコツをうまく活かすことで、悩みも軽減されます。ですので、ぜひ参考にしてみてください。

ターゲットとコンセプトを事前に決める

企業アカウントを運用する際には、ターゲットとコンセプトを事前に決めるようにしましょう。性別や世代、趣味などを設定して、そのターゲットに向けたコンセプトを設定します。多くの場合、企業の中でもターゲットが定まっていると思いますが、同じようにインスタでも決めるようにしましょう。

このように、何かしらのテーマを決めることで投稿を作成しやすくなりますし、ターゲットにも響きやすいものを発信できます。また、コンセプトを決めて投稿することで、そのターゲットに当てはまる新規ユーザーにフォローしてもらえる可能性が高まります。

自己紹介には企業についてわかりやすく記載を!

プロフィールには、自己紹介が書ける欄があります。その自己紹介欄には、企業についてわかりやすく記載をしましょう!基本的に、企業のビジネスについての概要やブランドであればブランドについてを記載しましょう。

その際自己紹介欄は150字まで入力可能ですが、後半部分は省略されますので、出来るだけ簡潔にまとめるように心がけましょう。自己紹介欄には概要だけではなく、URLや住所なども添付できますので、同時に添付しておきましょう。

ハッシュタグを活用する

企業アカウントの中には、20個以上を用いて投稿している企業もあります。ハッシュタグが多いことで、ユーザーの検索にも引っかかりやすいので、投稿の際はハッシュタグも活用するようにしましょう。また、どの企業アカウントも自社のハッシュタグのようなものを多く活用していましたので、オリジナルのハッシュタグなどを作るのもおすすめです。

キャンペーンを定期的に活用

企業アカウントの中には、キャンペーンなどを用いてユーザーに参加を促しています。キャンペーンはプレゼントキャンペーンや商品購入時に特典をつけるキャンペーンなどが実施されています。
キャンペーンの際に、フォローやハッシュタグ付きの投稿などを促すことで、フォロワーが増えたりフォロワーのフォロワーにまで情報が拡散できます。本来広告やCMなどを用いると莫大な費用がかかってしまいますが、企業アカウントでプレゼント企画などを行うと、プレゼント分の費用だけでそれなりの拡散を行ってもらえます。費用的にも考慮して、うまくキャンペーンなどを活用してみてください。

まとめ

今回は、企業がインスタを運用するメリットを解説してきました。メリットは多い反面、悩みを抱えている企業もあります。インスタを運用する中で悩みを抱えないように、事前に対策をしておきましょう!

【お役立ち資料】

「Instagram運用を開始したい」あるいは「今後よりInstagram運用を強化したい」と考えている企業様向けに、Instagram運用を行ううえでの必要事項チェックリストをリリースいたしました。

1.成果の試算
2.運用戦略概観の決定
3.投稿詳細の決定
4.効果測定の仕組みづくり
5.外部リソースの選定

5つの項目におけるポイントを解説しております。ぜひInstagram運用強化に際しご参照くださいませ!

無料でダウンロードする