Instagramに投稿できる動画の時間・時間内に編集する方法

Instagramでは写真だけでなく、様々な場所に動画も投稿することができます。投稿する場所により、再生できる動画の時間が異なることをご存じでしたか?

せっかく作成した動画も、制限時間を超えていると、そもそも投稿できないことがあります。投稿できたとしても、動画が途中で切れてしまうため、中途半端な印象をユーザーに与えてしまいます。

ここでは以下の項目についてご紹介します。
▪Instagramに投稿できる動画の長さ(投稿場所別)
▪動画を制限時間内に編集する方法
▪時間内の動画なのに投稿できない時の原因と対処法

Instagramに投稿する動画は場所により時間が違う

Instagramでは投稿する場所により、投稿できる動画の時間が異なります。動画を作成する前に、動画の時間を確認しておきましょう。

【フィード投稿】
フィードに投稿できる動画の時間は、3〜60秒までです。制限時間を超えている動画を投稿しようとすると、動画をトリミングし60秒以内に収めるか、IGTVに投稿するかのどちらかを求められます。

【ストーリーズ】
ストーリーズに投稿できる動画の時間は、15秒までです。最大で1度に4つまで投稿できるため、実質上60秒までの動画を投稿することができます。

【IGTV】
スマホとパソコンのどちらから投稿するかにより、投稿できる動画の時間が異なります。スマホからは1〜15分まで、パソコンからだと1〜60分までの動画を投稿することができます。

【リール】
15秒以内または30秒以内のどちらかを選んで動画を投稿することができます。

【ライブ】
インスタライブでは、リアルタイムで動画を最大60分間まで配信することができます。

【広告】
Instagramでは以下の広告でも動画を投稿することができます。

▪フィード広告
▪ストーリーズ広告
▪ディスカバリー広告

いずれの場合も、最大120秒の動画を投稿することができます。

Instagramの動画を制限時間内に編集する方法

Instagramに投稿する動画が規定時間より長い場合は、トリミングしてから投稿することをおすすめします。Instagramの動画を制限時間内に編集する方法として、以下の3つをご紹介します。

▪Instagramアプリ内から編集する方法
▪スマホ/iPhoneのアルバムアプリ内で編集する方法
▪外部アプリを用いて編集する方法

【Instagramアプリ内で編集】
まずはじめにフィードに投稿した動画の時間を編集する方法からご紹介します。フィードに60秒以上の動画を投稿しようとすると、[シェア方法を選択]という画面が表示されます。
[短尺動画]をタップし、[トリミング]から動画を短く編集することができます。
ストーリーズに投稿した動画は、フィード投稿の時のように秒単位で細かくトリミングすることができません。画面下部に表示されている4つのコマのどれかを削除することで、動画の時間を短くします。削除したいコマを長押しするか、ダブルタップするとゴミ箱が表示されますので、ゴミ箱をタップしましょう。

【スマホ/iPhoneのアルバムアプリ内で編集】
端末のアルバムアプリ内から動画を編集し、Instagramに投稿することもできます。Instagramアプリ内からだと、ストーリーズにあげた動画は細かく編集することができません。アルバムアプリ内で細かく編集した動画をストーリーズに投稿する方法がおすすめです。

まずはじめにiPhoneから動画を編集する手順からご紹介します。

①ホーム画面にあるアルバムアプリをタップしましょう。
②編集したい動画を選んでタップします。
③画面右上にある[編集]をタップします。
④画面下部に動画の内容が表示されるので、残したい部分と削除したい部分を指定しましょう。
⑤画面右下にある[✓]をタップします。
⑥[オリジナルをトリミング]または[新規クリップとして保存]のどちらかを選んでタップします。

では次に、Androidスマホから動画を編集する手順についてご紹介します。

①アルバムアプリをタップし、編集したい動画を表示します。
②画面下部の中央にあるトリミングボタンをタップします。
③調整ボタンを左右に動かして、動画をトリミングし、[コピーを保存]をタップすると完了です。

【外部アプリを用いて編集】
[動画編集]で検索すると、様々な外部アプリが表示されます。外部アプリを用いて動画を短く編集するという方法もあります。

時間内の動画なのにInstagramに投稿できない時の対処法

Instagramに動画を投稿しようとした時に、制限時間を超えるとそもそも投稿できないことがあります。時間内の動画なのに投稿できない時は、いくつか考えられる原因があります。

ここでは原因別に対処法についてもご紹介します。

(原因①)Instagramアプリに不具合がある
Instagramのアプリが古い場合は、最新バージョンにアップデートしましょう。

(原因②)端末に不具合がある
スマホのOSのアップデートができていない時も、Instagramに動画を投稿できなくなることがあります。Instagramアプリと同様にスマホも最新バージョンにアップデートすることで、動画を投稿できるようになります。
この他に端末の容量不足やキャッシュがたまっていることが原因で、動画が投稿できなくなっている可能性もあります。

(原因③)スマホ端末の設定で、[データ使用量を軽減]がオンになっている
この項目がオンになっていると、動画の投稿だけでなく、視聴することもできません。設定を解除することで、動画が投稿できるようになります。

(原因④)BGMが著作権に違反している
Instagramに投稿する動画を作成する時に、BGMをつける方も多いのではないでしょうか。BGMが著作権で守られている場合は、著作権違反となりInstagramに動画を投稿することができません。

(原因⑤)動画のデータが重すぎる
動画をまとめて大量にアップロードする。
・サイズが大きい動画をアップロードする。

上記の行為をしようとすると、動画がInstagramに投稿できないことがあります。動画を複数回に分けてInstagramに投稿する、または動画のサイズを小さく圧縮してから再度投稿するようにしましょう。

(原因⑥)電波環境が悪い
電波環境が悪い場所からInstagramに投稿の操作をしようとすると、動画を投稿できないことがあります。電波の状況を確認し、電波環境の良い場所から投稿し直しましょう。

(原因⑦)Instagram側のサーバーダウン

上記のどれにも当てはまらない場合は、Instagram側がサーバーダウンしている可能性もあります。

Instagramに問題が起きている場合は、ユーザーがツイッターに『不具合が起きてるよ〜』といった内容の投稿をしていることが多いのでチェックしましょう。Instagram側に問題が起きている場合は、個人的にできることはなく、復旧を待つしかありません。

まとめ

Instagramに動画を投稿する時は、投稿場所により時間が異なる点に注意しましょう。

この記事では、Instagramに投稿する時間の長さと、時間内に編集する方法についてご紹介しました。

時間内の動画を投稿しようとしたもののInstagramに投稿できない時の原因と対処法についても参考にされてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【お役立ち資料】

無料でダウンロードする