NewsPicksが語る、メディアのSNS活用

今回は、2021年10月12日 (火)12:00~18:00 / 10月13日 (水)12:00~18:00に開催された【デジタルの日特別ウェビナー】ニューノーマル時代のSNSとの向き合い方「これからはじめるSNS運用の教科書」にて、ご登壇いただいた、NewsPicksソーシャル編集部 土山晴矢氏の「NewsPicksが語る、メディアのSNS活用」の授業内容を当日参加できなかった方に向けてまとめてお届けします。
是非、News Picksの事例を参考にしながら、メディアはSNSを活用し、どのようにファンを醸成していくのか学んで行きましょう。

■イベント概要
・名称:ニューノーマル時代のSNSとの向き合い方- 「これからはじめるSNS運用の教科書」
・日時:10月12日 (火)12:00~18:00 / 10月13日 (水)12:00~18:00
・主催:株式会社FinT 
※総勢、625人の方に申し込んでいただくほどの大盛況のイベントとなりました。

■News PicksのSNS運用

NewsPicksソーシャル編集部 土山晴矢氏
NewsPicksの公式サイト 
NewsPicksのYouTubeアカウント
NewsPicksのTwitterアカウント 
NewsPicksのInstagramアカウント
NewsPicksのTikTokアカウント 

News Picksって何?

土山) NewsPicksは厳選したニュース+オリジナルコンテンツ、また各コンテンツに各界の有識者・専門家などのコメント・解説を加えて読者に提供しています。
それにより、読者がコンテンツを読んで終わりではなく、深く理解できるように促しています。

また会員には3種類あります。

・通常会員
・プレミアム会員
・アカデミア会員

アカデミア会員に近づくほどユーザー同士の積極的コミュニケーションが成立し、セミナー受講やリアルな交流を求める層(プレミアム会員)からオリジナル記事の読者層(有料会員)、ニュース・キュレーションやコメント閲覧(無料会員)まで、それぞれの会員のニーズに合わせたサービスを提供しています。

SNSの役割とコンセプト

SNSの役割

土山)SNSの役割は大きく分けて4つあります。

・外部での認知獲得
・ファン獲得
・NewsPicksへの流入
・有料会員化

この中でも一番重要視しているのは有料会員を何人獲得できるか、というところです。

運用のコンセプト

土山)運用のコンセプトはエンゲージメント1stとしています。
ここでいうエンゲージメント以下の2つです。

・投稿・アカウントのスコア
・ニーズに答えることによるフォロワーとの繋がり

普段はこの2つを重視して運用しています。

運用のポイント

土山)運用のポイントを2つご紹介します。

・投稿をコンテンツにする
・自らの強みを活かす

1つは必ず各投稿をコンテンツにすることです。フィード上で見ても学びがある投稿にしています。
例えばこちらのTwitterの投稿では、投稿者が記事を読んで印象に残った箇所を取り上げて、少しでも学びがあるようなツイートにしています。

引用ツイート

もう一つのポイントは自らの強みを活かすことです。
具体的には、インハウスでデザイナーを抱えているデザインリソースという強みを活かして解説・名言画像を各メディアで展開したりだとか、番組制作リソースを活かしたダイジェスト動画の各メディア展開を行っています。

「解説・名言画像の各メディア展開の例」

引用ツイート

「ダイジェスト動画の例」

引用ツイート

各SNSについて

Twitter

NewsPicksのTwitterアカウント
土山)Twitterは161,848人にフォローいただいていて、ターゲットを特に絞らずに運用しております。
役割としては拡散・誘導・課金をバランス良く担っているメディアとなっています。
投稿しているのは記事の投稿、動画の投稿、画像の投稿の3種類です。
編成は、昼間に新着記事の投稿、夜間にエンゲージメント獲得がしやすい画像投稿を2つ行うようにしています。

エンゲージメントとインプレッションに相関があることもデータをとっていくことでわかったので、エンゲージメント1stの運用方法は間違っていなかったと考えています。

YouTube

NewsPicksのYouTubeアカウント
土山)YouTubeの特徴としては誘導・課金の役割を強く担っていること、特に課金に関してかなり有料会員獲得の大きな部分を担っていることがあります。

誘導の方法としては、概要欄のリンク、最後の画面に添付しているリンクの2種類で行っていて、45%と55%くらいの割合なので、テキストも有用であると考えています。
視聴数と誘導数に関してもある程度の相関が見られるので、フォロワー数・視聴数を伸ばすことで誘導数・有料会員数を増やしていこうと考えています。

Instagram

NewsPicksのInstagramアカウント
土山)Instagramはターゲットは20代や学生。特に拡散の役割を担っています。
ストーリーズで誘導を行っているのですが、フォロワーの方にしかストーリーは出せない、予定調和になってしまうと開かれないという特徴があるので、そこをどう乗り越えていくか今、試行錯誤している状況です。
難しいメディアですがポテンシャルはあると考えています。

TikTok

NewsPicksのTikTokアカウント 
土山)TikTokは、20代や学生のNewsPicksを全く知らない人をターゲットとし、拡散の役割を担っています。番組の動画を投稿すると視聴数、エンゲージメントともに一定数得られているのでリーチの面では機能していると思っています。

LINE

土山)9月からLINEの運用をはじめました。こちらもTikTok同様、20代や学生のNewsPicksを全く知らない層やプッシュ通知での情報収集を求めている方をターゲットとしています。
現在はテストフェーズの段階です。
Instagram、TikTok、LINEは若年層の入り口としての役割を担えられればいいと考えています。

私が感じていること

土山)プラットフォームのハックとコンテンツ(投稿内容)どちらも大事なのですが、コンテンツが特に大切だと考えています。コンテンツが強いものであれば、プラットフォームのハックが少々不足していても伸びるのではないかと感じています。日々の運用は大変ですが、1つずつ積み重ねて行きましょう。

参加者の声

NewsPickソーシャル編集部の土山晴矢さんの授業は大好評に終わり、「大変勉強になった。自社の強みを活かしたコンテンツを作ることを意識したい。」や「各メディアごとに目的を決めて、効果的に運用していくようにしたい。」などたくさんの前向きなコメントをいただきました。

今後のウェビナーのご案内

株式会社FinTでは、定期的にSNSのウェビナーを実施しております。
是非、興味ある方々はご確認をこちらからお願いします。